Java

60%を3回試行と80%を2回試行ではどちらの期待値が高いか→80%を2回の方が高い

オブジェクト指向オリンピック級タイタニック号のたとえ

抽象クラスコンストラクタとコンストラクタの起動順

・抽象クラスもコンストラクタを持てる
・親クラスのコンストラクタから順に起動する

オブジェクト指向、オリンピック級客船の例え

JavaのOptionalを活用する

Javaのポリモフィズム動物園にインタフェースを導入した

Javaのstream().map()でListの型を変換する

Javaのラムダ式(lambda)

松本人志のドキュメンタルは参加者10名にとってプラスサムゲームである

松本人志のドキュメンタルは参加者10名にとってプラスサムゲームである

〜ルールの要点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最初に参加者10名がひとりあたり100万円をプールに貯める→プール:1,000万円
松本人志が100万円をプールに貯める→プール:1,100万円
参加者10名の中の勝者1名にプールの金額(1,100万円)が全て支払われる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1回のゲーム終了時点での各々の収支は、
勝者(1名):+1,000万円
敗者(9名):-100万円
松本人志:-100万円
となる。

参加者の勝率は均一と仮定して、
同じ参加者でドキュメンタルを1万回開催した場合の
収支をシミュレートした。

結果、参加者の収支は全員プラスとなり、
松本人志は1万*100万円の赤字となった。

for文で使うlist.size()は毎周呼んでいる

のlist.size()は毎周呼んでいるから、こうしたほうがよい。

以下、

が毎周呼ばれている例。